Home

UMich Coronavirus Conflict Translation

Neural machine translation plus human refinements by Jungo Kasai, Koji Shiono, and Noriyuki Kojima.

米ミシガン大学による「 パンデミックで増加する親と子供の衝突」(原題:Parents are having more conflict with children since pandemic)を、翻訳したものであり、著者の意見、主張を反映するものではないことをここに明記します。また、いくつかの情報は現状を反映していない可能性があります。最新の発表、及びお住まいの地方自治体のガイドラインもご参照ください。

パンデミックで増加する親と子供の衝突

<ミシガン州アナーバー>

コロナウイルスによって引き起こされるストレスと先行きの不透明性は、親に負担をかけ、子供たちはそれによる心理的、肉体的な負担を感じている、とミシガン大学の研究者は述べている。

ミシガン大学の新しい報告書によると、より多くの親が過去2週間に少なくとも1回、子供に向かって声を荒げたり、叫んだり、あるいは怒鳴ったりしたという。さらに、同じ2週間で、5人に1人の親が自分の子供に尻叩きや平手打ちをするなど手をあげたと報告された。

アメリカ全土の親たちは、現在コロナウイルスの大流行の影響で学校やデイケアサービスが閉鎖される中、それらなしで子供たちの面倒をみなければならないという、前代未聞の問題を抱えている、と報告書の主執筆者であるShawna Lee氏は語る。更なる経済的な不確実性に直面している中で、教師や他の介護者からの助けも得られなくなった。

「多くの親にとって、経済的な不安、その他の心配事、社会的孤立、孤独、悲しみが子育ての妨げになっています。」とミシガン大学社会事業学准教授であるLee氏は続けた。

社会事業学の博士課程に所属するKaitlin Ward氏と共著したこの報告書は、パンデミックの間、親が子どもにどのように対応してきたかを調査している。

研究者たちは、ホワイトハウスがウイルスの拡散を遅らせるために社会的距離を置くガイドラインを施行してから約1週間後の3月24日に、オンライン調査を開始した。調査対象は成人562人で、そのうち288人(51%)が12歳以下の子供を少なくとも1人持つ親であった。

回答者は、コロナウイルスパンデミックの精神状態や幸福度、子育てや経済状況について報告した。また、この世界的な危機以降、子どもの行動や子育てがどのように変化したかについて、自由形式の質問に回答した。

ほとんどの親は、家にいる間は子供をより身近に感じていると答えているが、親はまた、子供に対する心理的また体罰のレベルが高くなっていると報告している。専門家や児童擁護団体は、これが児童虐待の増加につながるのではないかと危惧している。

以下が報告された。

「これらのデータは、ロックダウンの比較的早い時期に収集されたものであることから、経済状況が悪化し、親のストレスが高まるにつれて、割合は時間の経過とともに増加すると予想されます。」と、ミシガン大学子育て研究室のディレクターでもあるLee氏は語った。

研究者は、調査結果のすべてが悲観するべきものではないと述べた。親の88%は、直近の2週間、子供と心の繋がりを深めたと報告した。