Home

Yale Self-Isolation Translation

Neural machine translation plus human refinements by Jungo Kasai, Koji Shiono, and Noriyuki Kojima.

イェール大学による「自己隔離でICUのベッド需要が劇的に減少」(原題:Yale study finds self-isolation would dramatically reduce ICU bed demand)を、翻訳したものであり、著者の意見、主張を反映するものではないことをここに明記します。また、いくつかの情報は現状を反映していない可能性があります。最新の発表、及びお住まいの地方自治体のガイドラインもご参照ください。

自己隔離でICUのベッド需要が劇的に減少

イェール大学感染症モデリング・分析センター(CIDMA)の教授であるAlison Galvan氏は、中国でのCOVID-19ウイルスとその壊滅的な蔓延を知るや否や、米国の医療施設に何が起こるか予測を立てた。教授とCIDMAの同僚たちは、COVID-19が米国で拡散した場合の様々なシナリオの分析をすぐに始めた。そして、症状のある人が自己隔離する割合が集中治療室(ICU)のベッドの需要にどのように影響しうるかを分析した。

彼らの研究結果は、米国科学アカデミー紀要の最新版に掲載されているが、結論は明らかである。劇的な行動をとらなければ。重症患者のためのベッドは足りないのだ。

イタリアで起こっているように、患者が病院の廊下を埋め尽くし、医師が誰が治療を受け、誰が治療を受けずに死ななければならないのかという選択に迫られるような大惨事を米国が避けるためには、「軽度の症状」の人であっても病気の感染を最小限に抑えるために自己隔離しなければならない。そして、病院設備の拡大を加速させなければならない。

「人々が自宅療養し、感染を抑えることは、ICUベッドの需要と供給の不均衡を最小限に抑える上で極めて重要です。」と、イェール大学公衆衛生大学院 Burnett and Stender Families疫学教授であり、CIDMAの理事でもあるGalvani氏は述べている。「自己隔離がなければ、医療システムは逼迫するでしょう。ニューヨーク市では実際それが起こっています。」

Galvani氏と研究チームは、COVID-19に関連した症状のある人の数、症状のある人が自己隔離した場合にウイルスが他の人に感染する可能性、そして流行のピーク時に利用可能なICUのベッドへの影響を主な変数とし、いくつかの可能性を評価した。

最悪のシナリオ、つまり症状のある患者が誰も自己隔離しない場合では、COVID-19で重症化した患者専用のICUベッドが、利用可能なベッド数の約4倍、即ち約13万床必要になると研究は予測している。国の9万8,000床のICUベッドのうち65%は、日常的に他の患者によって使われている。症状の軽い患者の20%が症状発症から24時間以内に自己隔離すると仮定すれば、ICUベッドの必要性はほぼ半分に減少すると予測される。

「米国は世界の主要国の中で、有給の病気休暇と有給の家族の病気休暇を保証していない唯一の国です。」とGalvani氏は言う。「私たちが得た研究結果は、すべての人が、自分自身や子供が体調を崩した場合に自宅療養できることの重要性を裏付けています。」

Galvani氏によると、「軽度の症状」とは、風邪やインフルエンザのような症状がある人のことを指し、わずかな咳からベッドでの休息を必要とする脱力感まで、言い換えれば、病気の兆候はあるが入院を必要としないすべての人のことを指している。

Galvani氏は、最も重症なCOVID-19患者のために利用可能なICUのベッドを確保し、ウイルスに感染する人数を制限することが重要であると述べた。

「ICUのベッドの大部分はすでに埋まっており、集中治療を必要とする他の重篤な病人を退院させることはできません。」と氏は続けた。「ICUベッドの不足は、他の病気による死亡率にも影響します。」

氏は、ICUのベッドには従来の病院のベッドよりも多くの設備やスタッフが必要であることを強調した。

米国の人々は全体的に社会的距離を置くことを求める声に注視しているが、自己隔離措置の重要性を強調することは、病院機能を圧迫することを避け、重篤な患者が適切な治療を受けることを保証するために必要であると氏は述べた。

「自己隔離はピークを減少させ、遅らさせますが、そのどちらともCOVID-19による死亡者数を最小限に抑えるために重要なことです。」

「自己隔離によって病気の感染拡大を遅らせることで、並行してICUのベッドや人工呼吸器の増設、増産することができます。」

「今すぐ生産を上げるためには全員の協力が必要です。」

この研究は、「米国におけるCOVID-19流行発生時の病院利用率の予測 」というタイトルで発表されている。

この研究では、イェール大学の研究者であるポスドクのAfan Shoukat、Chad Wells、Pratha Sah、またCIDMAアソシエイトディレクターのAbhishek Pandeyが協働した。