Home

Apple Google Covid19 Translation

Neural machine translation plus human refinements by Jungo Kasai, Koji Shiono, and Noriyuki Kojima.

本文は米Apple、Googleによる「AppleとGoogle、COVID-19の接触追跡技術で提携」(原題:Apple and Google partner on COVID-19 contact tracing technology Apple版 Google版)を、翻訳したものであり、著者の意見、主張を反映するものではないことをここに明記します。また、いくつかの情報は現状を反映していない可能性があります。最新の発表、及びお住まいの地方自治体のガイドラインもご参照ください。

AppleとGoogle、COVID-19の接触追跡技術で提携

世界中で、政府や保健当局はCOVID-19パンデミックの解決策を見つけ、人々を守り、社会を回復させるために協力しています。ソフトウェア開発者は、ウイルスと戦い、命を救うための技術ツールを作ることで、これに貢献しています。この協力の精神に基づき、GoogleとAppleは、ユーザーのプライバシーとセキュリティをデザインの中心に据えた、政府や保健機関がウイルスの蔓延を減らすためにBluetooth技術を使用できるようにするための共同プロジェクトを発表します。

COVID-19は、感染した個人に近接することで感染する可能性があるため、公衆衛生機関は、その広がりを封じ込めるのに役立つ貴重なツールとして接触追跡を認識しています。世界中の多くの主要な公衆衛生当局、大学、NGOは、オプトイン接触追跡技術を開発するための重要な作業を行ってきました。これをさらに推し進めるために、AppleとGoogleは、接触追跡を可能にするためのアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)とオペレーティングシステムレベルの技術を含む包括的なソリューションを発表します。喫緊の必要性に鑑み、ユーザーのプライバシーを強力に保護しながら、このソリューションを2段階で実装する計画です。

まず、5月に、両社は公衆衛生当局のアプリを使用してAndroidデバイスとiOSデバイス間の相互運用を可能にするAPIをリリースします。これらの公式アプリは、ユーザーがそれぞれのアプリストアからダウンロードできるようになります。

次に、AppleとGoogleは今後数ヶ月のうちに、この機能の基礎となるプラットフォームに組み込むことで、より広範なBluetoothベースの接触者追跡プラットフォームを可能にするための取り組みを行う予定です。これはAPIよりも堅牢なソリューションであり、オプトインを選択すれば、より多くの個人が参加できるようになるだけでなく、アプリや政府の医療当局のより広範なエコシステムとの相互作用も可能になります。この取り組みでは、プライバシー、透明性、同意が最も重要であり、私たちは関心のあるステークホルダーと相談しながら、この機能を構築していくことを楽しみにしています。第三者が分析できるように、私たちの作業に関する情報は公開します。

AppleとGoogleでは、世界で最も差し迫った問題の1つを解決するために協力し合うことほど重要な瞬間はないと、全員が信じています。開発者、政府、公衆衛生提供者との緊密な協力を通じて、私たちはテクノロジーの力で、世界中の国々がCOVID-19の感染拡大を遅らせ、日常生活への復帰を加速させることができるようにしたいと考えています。

今回の提携の一環として、GoogleとAppleは、Bluetoothや暗号の仕様書、フレームワークのドキュメントなどの技術文書の草案を公開しています。