Home

Harvard Remote Work Translation

Neural machine translation plus human refinements by Jungo Kasai, Koji Shiono, and Noriyuki Kojima.

本文はハーバード・ビジネス・レビューによる「在宅勤務をする為の3つのヒント」(原題:3 Tips to Avoid WFH Burnoutを、翻訳したものであり、著者の意見、主張を反映するものではないことをここに明記します。また、いくつかの情報は現状を反映していない可能性があります。最新の発表、及びお住まいの地方自治体のガイドラインもご参照ください。

世界中の何百万人もの人々が、コロナウイルス大流行の中で、突然在宅勤務(リモートワーク、テレワーク)に移行する事を余儀なくされています。これにより雇用主の中には従業員の生産性を維持することを懸念している人も見受けられます。しかし、この前例のない状況の中で本当に心配すべきなのは、従業員の燃え尽きという長期的なリスクです。

仕事と非仕事の間の境界線は、新たな形で、また通常とは異なる形で曖昧になってきており、初めて自宅で仕事をする多くの従業員は、仕事と私生活の間の健全な境界線を維持するのに苦労する可能性があります。忠誠心、献身、生産性を示すために、彼らは常に仕事をしなければならないと感じているかもしれません。午後は夕方になり、平日は週末になり、休日の感覚はほとんど残りません。人によっては、数ヶ月間リモートワークを続けるように言われることもあるかもしれません。

多くの研究が示唆しているのは、仕事と私生活の間に線を引くことが、特に私たちの精神的な健康のために非常に重要であるということです。しかし、最高の状況であっても、それは難しいものです。それは、知識経済が「理想的な労働者」とは何かを根本的に変えてしまったからです。

私たちの研究によると、現代社会では人々が無意識のうちに上司や同僚、従業員との境界線を曖昧にしていることがよくあることがわかっています。その一つの例が、営業時間外に仕事のメールを送信することです。2,000人以上の社会人を対象とした5つの研究では、時間外に仕事のメールを送った人々は、例え緊急性のないメールであっても、受信者がすぐに返信しなければならないと感じている可能性を過小評価していることがわかりました。

コロナウイルスの流行は、このような仕事のプレッシャーを増幅させる可能性があります。仕事と私生活を切り離したいと思うのが当たり前の人々であっても、現在の状況ではそれができないかもしれないのです。多くの学校は閉鎖され、保育園はもはや選択肢から外され、働く親や低所得者の労働者にさらなる負担を強いているかもしれません。すでに在宅勤務を奨励している企業であっても、家族と一緒に在宅勤務をすることが困難な従業員を支援することは難しいでしょう。

では、今日、多くの人が非日常的な状況に置かれている中で、どのようにして仕事と自分の時間の一線を隔し続けることができるのでしょうか?外出しなくなった場合、どのようにして「仕事を家に持ち込まない」ことができるのでしょうか?雇用者、管理職、同僚は、このような状況に対処するために何ができるのでしょうか?

私たちの研究と幅広い学術文献に基づいて、ここではいくつかの推奨事項をご紹介します。

物理的、社会的な境界線を維持する。

アリゾナ州立大学のブレイク・アシュフォース氏は、古典的な論文の中で、人々が仕事から仕事以外のへの移行を「境界を越える行動」によって 区別する方法を説明しています。例えば、仕事用の服を着て、家から職場へ通勤することは、何かが変わったことを示す身体的、社会的な指標です。あなたは “家のあなた “から “仕事のあなた “へと変化したのです。

在宅で仕事をするときは、これらの境界線を守るようにしましょう。短期的には、早朝電車に乗らずに出勤できたり、一日中パジャマで過ごせたりするのは歓迎すべき変化かもしれませんが、どちらも仕事と私生活の境界線を越える為の活動であり、自分にとって良いことなので、それを完全に放棄してはいけません。毎朝、仕事着を着ましょう(金曜日にカジュアルな服装をする習慣があれば、もちろんそれはそのままで構いません。)また、朝の通勤時間の代わりに、近くの公園やアパートの周辺を散歩することも検討してみましょう。人々の中には、いつもの仕事のルーティンを維持するための創造的な方法をすでに編み出している人たちもいます。

時間的な境界を可能な限り維持する。

時間的な境界線を維持することは、効率的に仕事をする為に非常に重要です。これは、多くの従業員やその同僚が、通常の勤務時間中に育児や介護の責任を統合しなければならないという課題に直面している場合に特に当てはまります。子どもや家族の責任を持たない従業員であっても、携帯端末を介して24時間仕事に追われる立場になる訳です。

九時出勤五時帰宅のスケジュールに固執することは非現実的なことかもしれません。従業員は自分にとって最適な勤務時間のを見つける必要があります。また、他の人が自分とは違う時間帯に働くかもしれないことを意識し、尊重する必要があります。子供が昼寝をしている時間帯もあれば、パートナーが夕食を作っている時間帯もあります。子供のいる従業員もいない従業員も、一日の仕事に集中できない時間帯に離席中の自動返信をメールに設定しておく事で、それ以外の時間で仕事に集中できるようにしましょう。あまり極端ではない返信の遅れは、自分の返信がいつもより遅いかもしれないことを他の人に知らせて、他の人や自分自身への過度な期待値を下げることに繋がるかもしれません。

明確な時間的境界線を作ることは、多くの場合、他の人と自分の時間を調整する能力に依存しています。そのため、上司は従業員が仕事のペースを構造化し、調整し、管理するのを支援する必要があります。これは、従業員との定期的な面談や、オンライン会議でのコーヒーブレイクや作業スペースを作成するためのツールを従業員に提供することを意味しているかもしれません。このような混乱の中では、規範意識を維持することが鍵となります。

最も重要な仕事に集中する。

コロナウイルスの最中に猛烈に仕事をする事は必ずしも得策ではありません。人々は最優先課題に労力を注ぐべきです。

在宅勤務をしていると、従業員は生産性の高さを誇示したくなることがありますが、それが原因で、より重要な仕事よりも目先の仕事を優先させてしまうことがあり、短期的には生産性にメリットがあっても、長期的には逆効果であることが研究で示唆されています。従業員、特に家族と仕事を両立させるために仕事量が増えている人は、重要な仕事の優先順位を決めることに注意を払うべきです。

最も重要な仕事の案件であっても、常に仕事をしているのでは意味がありません。ある試算によると、平均的な知識労働者は毎日平均3時間しか生産的ではないので、少なくともその3時間は中断やマルチタスクから解放されるべきです。コロナウイルスが流行する前でさえ、人々は仕事の中心となるタスクに集中するために連続した3時間を確保することが難しいと感じていました。仕事と家庭の境界線がなくなり、人々が仕事に集中できる時間はより減ったと考えるべきでしょう。

常に「オン」と感じている社員は、いつも通りにオフィスに出勤している場合よりも、在宅勤務の方が燃え尽き症候群になるリスクが高くなります。昼寝の時間や週末、あるいは見ていた映画を一時停止してまで、仕事やメールの返信を押し込もうとすることは、長期的に逆効果であるだけでなく、私たちの精神的幸福にも悪影響を及ぼします。私たちは皆、私生活を尊重する新しい仕事の作法を見つけて、他の人が同じ作法に則るように助け合う必要があります。

これらは、人々が仕事と私生活の境界線を維持し、長期的に燃え尽き症候群を回避するのに役立つ、いくつかの推奨事項に過ぎません。このような予測不可能な時代には、自分を取り巻く状況をどうやって自分に有利に持っていくか、実験的で柔軟になっていくことが必要でしょう。