Home

UMich Mental Tips Translation

Neural machine translation plus human refinements by Jungo Kasai, Koji Shiono, and Noriyuki Kojima.

本文は米ミシガン大学による「コロナに負けない、メンタル管理5つの方法」(原題:5 Ways to Manage Your Mental Health During COVID-19を、翻訳したものであり、著者の意見、主張を反映するものではないことをここに明記します。また、いくつかの情報は現状を反映していない可能性があります。最新の発表、及びお住まいの地方自治体のガイドラインもご参照ください。

コロナに負けない、メンタル管理5つの方法

ウェルネスの専門家が、パンデミック時に心理的、精神的な健康を守るためのガイダンスを提供しています。

COVID-19のような状況の中では、物事が手に負えないように感じたり、心配に心を襲われたりしがちです。いかにしてウイルスの拡散を遅らせるかに焦点を当てることは、私たちの身体的な健康のために重要ですが、同時に私たちの精神的な健康を管理する方法を見出すことも重要です。

私たちは、不安、無力感、焦り、イライラ、イライラなどの感情の高まりを感じるかもしれません。また、欠乏感を経験したり、偏見や排外恐怖症の増加を心配したりすることもあるでしょう。急速に変化するスケジュールや社会計画の中で、将来に不安を感じたり、孤立を心配することもあるかもしれません。

不安を感じることは正常であり予期されていることですが、このような時期でもメンタルの回復力を高める方法はたくさんあります。

1. ニュースから距離を置く。

ニュースも一定量を超えると、情報を得る効果より不安を煽る効果の方が大きくなってしまいます。あなたが取得する情報は、評判の良い、非煽動的なソースからのものであることを確認してください。また、一日にどれだけ読めば参考になるかを評価し、それ以上は過剰にニュースに触れないようにしましょう。危機について何度も聞いたり、画像を見たりするのは心配や動揺を誘います。

できるだけ平常心を取り戻すために、他の活動をしてみてください。緊張をほぐし、これらの強い感情も徐々に薄れていくということを、自分自身に思い出させる時間を作りましょう。

2. 身体のケアをしましょう。

深呼吸、ストレッチ、瞑想。比較的バランスのとれた食事を心がけ、定期的に体を動かし、十分な睡眠をとり、アルコールや薬物は強く制限します。そうすることで、免疫力と回復力を高めることができます。

3.急な社会的交流の減少に備える。(例:授業やイベントの中止など)

COVID-19のパンデミックを緩和するために個人に求められる最も顕著な方法の1つは、社会的距離を空けることです。つまり、人が集まる場所から離れ、他の人との距離(約6フィート、2メートル)を維持します。

危機的状況下では、多くの人々が他者とのつながりと快適を求めていると、臨床心理学者でミシガン大学医学部の回復力と福祉サービスのプログラムマネージャーを務めるKelcey Stratton博士は述べています。

メッセージアプリなどを使って、友人や家族、仲間と定期的につながるための新しい習慣を作りましょう。身内、家族や友人、同僚に電話をかける。テキストメッセージ、ダイレクトメッセージ、電子メールを送る。FaceTimeや他のビデオフォーマットを使ってコミュニケーションをとる、など、様々な方法があります。

4.キャンセルを考慮した新しいスケジュールを組む。

なるべく一貫したスケジュールを組み、病気の予防やその他の自らが制御できることに焦点を当てます。

「私たちができることは、合理的な予防策を講じ、不必要なリスクを回避することです。私たちの精神的な幸福を守るために、信頼できる情報源に注意を払うと共に、ミシガン大学医学部、CDC、および世界保健機関の予防ガイドラインを順守することができます。」と、ミシガン大学のチーフウェルネスオフィサーを務めるKirk Brower博士はいいます。

5.心配ごとを文字に起こしてみる。

不安が半減するまで、日記に不安をすべて書き出してみましょう。

うまくいっていることのリストを毎日作って、それらを思い出してみましょう。今の困難な状況の中でも、もしかしたら、子供と一緒に過ごす時間が増えたかもしれませんし、読みたいと思っていた本を読んだり、料理を学んだりすることができるかもしれません。

メンタルヘルスの既往症がある場合は、これらの推奨事項が特に重要です。セラピストや医師との予約がある場合は、それを守りましょう。体調が優れない場合は、ビデオ通話のオプションがあるかどうかを尋ねてください。