Home

UMich Covid Ergonomics Translation

Neural machine translation plus human refinements by Jungo Kasai, Koji Shiono, and Noriyuki Kojima.

本文は米ミシガン大学による「在宅勤務から来る首や腰の痛みへ」(原題:Home Workspace Causing Back and Neck Pain? Try This)を、翻訳したものであり、著者の意見、主張を反映するものではないことをここに明記します。また、いくつかの情報は現状を反映していない可能性があります。最新の発表、及びお住まいの地方自治体のガイドラインもご参照ください。

在宅勤務から来る首や腰の痛みへ

米ミシガン大学医学部の専門家が、新しい在宅勤務用のワークスペースが腰や首の痛みの原因になる可能性があることを説明し、筋肉や関節に負担をかけない空間を作るためのヒントを提案します。

COVID-19パンデミックの間、多くのアメリカ人が予期せぬ形での在宅勤務に入っており、人々はダイニングルームのテーブルやソファ、あるいは静かなクローゼットをワークスペースに転用しています。人によっては、既にこのような形で数週間が経過しています。

しかし、一般的なオフィスやデスクとは異なる環境で働くことは、背中や背骨、首にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

「オフィスでの仕事から在宅勤務への最近の移行に伴い、多くの人が人間工学的に理想的ではない環境で働くことを余儀なくされています。」と、ミシガン大学医学部整形外科の准教授を務める、ラケッシュ・パテル医師は述べています。

「上記のダイニングルームのテーブルの環境では、背中が丸まった姿勢で作業していることになり、これは、背中の痛みの増加に関連しています。」

人間工学に基づいた環境とは、労働者が自分のワークスペースで快適に過ごせ、緊張や痛みを感じない環境のことだと、ミシガン大学環境・健康・安全学部の人間工学プログラムコーディネーターであるサラ・プラット・クーニー氏(OTR/L)は言います。

数週間に及ぶ在宅勤務を経て、人間工学的に理想的ではないワークスペースはすでに身体にダメージを与えているのでしょうか?

「長期的に人間工学に基づいていない環境に身を置くことで、早期の変性性椎間板症になるのか、脊髄の椎間板の損傷による背中や首の痛みになるのか、はっきりした事は分かりません。」とパテル氏は言います。「しかし、作業環境が悪ければ悪いほど、それに耐えられなくなります。加えて、個人の体力、体幹の強さや背骨の健康状態は、症状を発症せずにどれくらいの期間働けるかに重要な役割を果たします。」

クーニー氏とパテル氏は、現在の自宅のワークスペースをより人間工学的に改善することで、腰や首の痛みのせいで医者のオフィスに行くことにならないようにするための、いくつかの簡単なヒントを提供しています。。

生産性を向上させるワークスペースを見つける。

人間工学に基づいたワークスペースは快適で、これが生産性の向上につながります。気が散ることなく、生産性を高めるために必要なすべてのツールにアクセスできる快適な場所を見つけましょう。

座り心地が良く、可能であれば調節可能な椅子を選ぶ。

クーニー氏は、ほとんどの人がダイニングテーブルの椅子を使用しなければならないのは理解できると言います。その場合は、追加のパッドとしていくつかの枕と、腰のサポートのために腰の近くに丸めたタオルを配置します。

「背もたれのある椅子と背もたれのない椅子など、さまざまな椅子を試してみることで、ストレスを軽減することができます。椅子やスツールの中には、高さを調節できるものもあり、人間工学に基づいた最適な姿勢で座ることができます。」と、パテル氏は付け加えます。

クーニー氏は足も快適さに役割を果たしていると言います。

「腰痛にならないように、足がしっかりと地についていることを確認しましょう。」「足が地面に届かない場合は、フットレストや積み重ねた本で支えてください。”」

ラップトップを調整しよう。

「人間工学的にはデスクトップコンピュータの方が良いのですが、自宅で仕事をしている人の多くはラップトップをメインコンピュータとして使用しています」とクーニー氏は言います。「ノートパソコンのワークスペースを設定する際の私たちの主な目標は、不快感を回避し、頭を下向きにする頻度を減らすことです。」

「ラップトップを接続できるモニターが自宅にあるなら、それが最適です。」と彼女は付け加えます。

モニターがない場合は、ノートパソコンの画面のグレアを避けられるスペースを選び、本などを重ねて目線の高さになるように画面を上げるといいそうです。外付けのキーボードとマウスを使用することで、画面を持ち上げることができ、肘の位置を90度の角度に保つことができます。キーボードとマウスを体に近づけて、前に手を伸ばさないようにします。

ストレッチ休憩を取る。

クーニー氏もパテル氏も、筋肉を伸ばしたりリラックスさせるための休憩を頻繁に取ることが必要だと口を揃えています。

「席から立ち上がって、家の中を歩き回るだけでも効果があります。」とパテル氏は言います。「中には、立ったままの状態で自宅で作業できるスペースを設置することで、痛みの軽減を報告している人もいます。休憩に加えて、体幹を強化することも非常に有効です。」

クーニー氏はまた、「景色を変えるために、家の中の別のワークスペースに移動することも有益です。」と言います。

ワークスペースが不快感の原因になっている場合、パテル氏は「机の高さの変更、椅子の変更、そして断続的なストレッチ休憩」の三点を試すように勧めています。